スバル インプレッサ ヤマちゃんシステム
モービルスクゥエアではあなたのベストチョイスをご提案します。

Search


モービルスクゥエアではカーオーディオ歴20年のインストーラーがお客様の応対からインストールまで致しております。カーオーディオ&カーセキュリティの幅広い車種へのインストール、またオンリーワンのカスタマイズオーディオやサウンドのアドバイスと幅広く承って参りました。すべてではありませんが、実績例の写真を掲載させていただきます。ぜひ、ご参考ください。
エヌボックス N-BOX JF2 バイザーモニター・アルパインビックエックスカーナビ取り付け
バイザーモニター「命」
インターネットで安く買って持ち込んだバイザーモニター
純正バイザーが小さいのでそのまま取り付けは困難。

バイザーモニターの取り付け位置を決める
バイザーモニターの固定台を作る。
ぴったし収まる。

画像・映像は美しくない!!
純正カーナビと8インチカーナビのフェイスパネルの比較
へっぽこ純正カーナビには映像出力は無い。

1インチの差は大きい。
純正の機能、性能とは雲泥の差で満足度が高い。

レボーグ カーオーディオシステム・スピーカーアウターバッフル仕様
第二期の取り付けにピットイン。音と光をいじります。
ドアスピーカーをアウターバッフル仕様にする。
アルパインDLX-F177の17cmウーファーを取り付け

アウターバッフルの型をパテ盛りして取る。
パテを削り形を造る。
ドアに置いてすきまがないかどうか確認。

スペーサーをバッフルに合わせ作る。10度くらいの傾斜仕様。
レザーを貼ってスピーカーと共締め
付属の金網を取り付けて完成。

ピラーにF30Tツイターを取り付け。純正位置より音像定位がよくなる。
ツイターの取り付けは指向特性をふまえ取り付け角度が重要。
ネットワークを埋め込む。LEDはドア開閉連動で点灯

フットライトもドア開閉連動で点灯
LEDは青色に統一
ドアカーテシライトの替わりにもなって便利

バルコン フォグLED。日本製の高品質。
黄色の光は雨・霧に反射を抑えよく見える
室内灯は全て平面発光LEDに変更。

ミラー上、マップランプを平面発光LEDに交換
中央室内灯はツインにして強烈発光
リアラゲッジルームも平面発光LEDに変更

純正ハロゲンとLEDフォグと比較
ウィンカー、リアフォグ、バックランプ、ナンバー灯全てをLEDバルブに交換。ハイフラ防止はICリレーに交換。
第一期工事で取り付けたサブウーファーでは物足りない

キッカー30cmウーファーを取り付けて大満足!!
サブウーファー用デジタルアンプ
助手席下に2台のアンプを置く。

ユピテルドライブレコーダーは指定店専用モデル。高機能・高性能。
オプションサウンドナビにアンプ・サブウーファーシステム

ランサー エヴォリューション 此CP9 MT エンジンスターター付きカーセキュリティ取り付け 
超走り屋仕様。本格チューンエボ
ハイパワーにチューニングされた各パーツの山
エンジンスターター付き高性能バイパー5906Vを取り付け

各車両の信号線はここに集めるてバイパー本体に接続
MTなのでニュートラル確認のためサイドブレーキ強制ON。ターボタイマープログラム入力し安全

レガシー BL5 マッキントッシュ純正システム にBluetooth音源を入力 
年期がはいるとオーディオ・メディアギャップが生じる。
ヘリックスDSPを純正マッキントッシュと接続しBuluetoothで聴く
DSPのコントローラー。メインボリュームとサブウーファーレベル調整をする。

これが無いとDSPと接続できない!!センター出力もある。
変換は純正DINカプラーに接続。アンプ手前はIN/OUTが逆になるのでNG.
DSP本体は助手席下に設置。F,R,S/W、マッキン出力をRCAで変換カプラーから引っ張る。

Bluetooth アナログ変換器。今回のメインパーツ。DSPのAUXに入力。
純正システムとAUXの切り替えはコントローラーで行う。
プログラムを起動し、各詳細を決定し入力

入力・出力の決定画面。これを間違えると音が出ない。重要プログラム。
必要であれば最新2DINカーナビをそっくり交換もできます。

インプレッサ GDB マニュアルトランスミッション エンジンスターター
大事な車輌を守りエンスタもできる一石二鳥のカーセキュリティを取り付ける。
各車両の信号線をここに集めてからセキュリティ本体に接続。
マニュアル車はサイドブレーキを有効にするかターボタイマープログラムをいれて安全

重要な機能は双方向通信ができること。クルマの異常事態をリアルタイムで連絡してくる。

N-BOX JF1 アルパインビックエックス アンプ・サブウーファーシステム
とにかく「純正では満足できない!!」オーナーさんの注文に応える
クルマを最大限にばらしそれぞれの配線
アルパイン8インチ専用ビックエックスカーナビ

アルパインDLX-F171Sをフロントドアにインストール。デッドニングは無し。
アンプシステムなのでスピーカーケーブルは引き直し
アルパインの専用キットでスマートにツイターが取り付けできる。

右側のツイター出力をマイナス3dB下げるとステレオ感が増す。必ずやるのが正解。
PDX−F4アンプの固定台を作る
助手席下にインストール。

さまざまな18金メッキターミナルが無いと接続できません。
スピーカーはアンプとダイレクト結線
アンプ用電源ケーブル。必ずヒューズでアンプとクルマを守るのが鉄則

サブウーファーの音声入力はハイからローに変更してカーナビからコントロールできる。
モービルスクゥエアで取り付けた証のオリジナルステッカー
画面が美しい純正とは大きく異なる性能・機能のビックエックスは快適

ランドローバー ディスカバリー 音質改善
15年以上前のカーナビが故障。取り外し音だけの世界をつくる。
アルパインの7500円のスピーカーに交換してみるが能力追いつかず駄目。
インピーダンスは4Ω。傷みなどないきれいな、元気な純正スピーカーを使う。

パイオニアGM−7100をモノでサブウーファーをならす。
パイオニアGM−D7400は前後スピーカー用。
キッカー25cmサブウーファーで80Hz以下を補填

荷物が多いのでじゃまにならないサイズの箱をチョイス
純正アンプのカプラーから10個分のスピーカー出力を束ねる。
助手席と運転席側シート下にそれぞれアンプを固定

アンプ2台分の4ゲージ電源ケーブルを室内に取り込む
USB/ブルートゥースCDプレーヤーをインストール。

マーク X ジオ FET 極東製 HID ヘッドライト交換  
メイドインジャパンの高品質HIDをインストール
無名のHIDキットを取り外す。純正がHIDなので更にHIDを取り付けては無駄。
純正がHIDなのでバルブ交換のみでOK

空けてこのスタイルがHID
フォグとケルビン数を合わせて光の色を統一するとかっこいい。
やっぱり、メイドインジャパンは安心の高品質。安ものにいいものはない。い

HIDフォグバルブ
バンパーを取り外して取り付けるのが基本。
点灯確認後、バンパーを元に戻す。

エブリーワゴン DA62 カーオーディオシステム 快適通勤車
通勤車なので毎日を快適にするカーオーディオシステム
色が変色し年期のはいった純正スピーカーを交換
リアスピーカーは配線がないので引く。パイオニア12cmが適合。

低音がでないので、サブウーファーを取り付けて補填。これで自然な音ができあがる。
バイザーモニターでTV、DVD映像を見る。
パイオニアDVDプレーヤーをインストール。リモコン付きで便利

電源・音声・映像・地デジの配線を集める 
このお値段ですべてのメディア切り替えができる。お金をかけないリーズナブルシステムが完了

センチュリー 50系 パイオニア サイバーナビ取り付け 
日本を代表する高級車だけどナビやオーディオ系はもはや時代とのギャップは大きいので交換
1DINインダッシュモニターのカーナビが取り付けるには楽ちん。
下段のカセットCDコントロールヘッド部分に1DINモニターを取り付ける

カセットは取り外しちゃだめなので後部座席に移設
このカセットプレーヤーを取り外すとCDチェンジャーが聴けなくなる。また後部座席ともリンクされている。
カセットプレーヤーのフェイスパネルを自家製ワンオフで作る

欧州車用の金具を使って取り付け
純正カセットCDコントローラーを移設。
アナログチューナーに映像・音声を変換して入力。これがミソ。

後部座席のコントローラーも全て使える。
合計3画面に同じ映像がちゃんと映る。
エアコン操作は画面を引っ込めてから行う。

ナビ本体はコンソールボックスの中に設置。
モニターのフェイスパネルは自家製ワンオフだぜ。

前ページ 次ページ

ページトップ